建設業許可・経営審査の思い出

菅内閣の発足、河野行政改革担当大臣のご活躍で押印廃止の流れが出てきました。

業界新聞の記事に許可申請・経営審査の電子申請の記事を拝見しました。

遅くとも2年後には電子システムの運用を開始とあります。

この記事を見て、40年位前の勤務していました建設会社で前任者の引継ぎも無く

経営審査等の担当になって苦労した思い出が蘇ってきました。

経理の心得は多少ありましたが、建設業の許可関係や入札等の仕組みは無知の私でした。

何度も県庁の担当部署に足を運び何とか年度終了届や経営審査を受ける事が出来ました。

一番苦労したのが押印だった事です。

勤務していた建設会社では会社の代表者の印鑑が持ち出し不可でした。

従って最初は書類を作って押印頂き担当部署に提出

間違いがあれば再度訂正印を押して再提出の流れでした。

次の年からは学習効果もあり、最初から訂正印を各ページ毎に押印して頂き担当部署に出向き

何文字の挿入や削除等訂正内容を記入して訂正印を有効に使った記憶があります。

正に今改革しようとしている、行政手続きにおける書面主義、押印原則、対面主義の見直しの部分です。

技術検定等合格証明書・監理技術者資格者証・工事請負契約の写し・注文書と請書・建退共加入履行証明書・・・・・・

沢山の書類をコピーして持参する事が必要でした。

これらが電子申請では少なくともデータで提出になる。

又何よりも、担当部署に出向き、酷い時には1時間位順番待ちをして審査を受ける手間の省略は大きな行政改革と思います。

でも当初は苦労するだろう年配者の姿もイメージできます。

5年位前から契約書等のクラウドサービスで収入印紙が不要になる動きも出ています。

確かに書面を印刷して押印するから収入印紙が必要になる訳です。

この流れ社会全体から見たら大きな改革になると思います。

河野大臣の活躍に期待します。



 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode