売掛金残高の管理

地方の専門工事の年商4億円位の会社さんのお話です。

 

前期決算書の工事未収入金(売掛金)の各社別残高明細がその他に多く明確に記載されていません。

 

1年間かけて入金のあった会社の債権の消込を会計の方で実施させて頂きました。

 

前期決算書に記載されていない会社分はそのまま不明先と言う名前で取りあえず纏めて残高管理を実施。

 

又新しく発生した請求分は工事別に個別売上管理を実施しました。

 

結果1年が経過しても不明先の残高が1千万以上残っています。

 

普通は粉飾決算の場合に売上を過大計上して黒字化する場合に使われる手口ですが

 

会社の経理の方にお聞きしても、粉飾では無く売掛金の管理が拙いだけのようです。

 

原因の一つは工事の元請相殺や協力会費、振込料等が売上(売掛金)の消込がされていませんでした。

 

又値引等も値引き処理がされていません。

 

従って売掛金残高が何時までも残っていたと思われます。

 

超どんぶり勘定の事例ですが、会社の工事別入金管理を実施して、相殺内容や値引等を把握して正しく売掛金残高の把握が大事です。

 

売掛金は流動資産です。

 

つまり資産の過大計上であり、正しく処理すれば過大な利益に対する法人税等や過大売上分の仮受消費税が計上出来消費税の納付も少なくなります。

 

この会社の場合には他の科目の残高明細等も無い科目も有り、顧問税理士さんも問題があると思います。

 

然し乍ら自分の会社の決算です。

 

大まかに売掛金の内容は本来税理士さんより会社の方が把握すべき金額です。

 

経理が不得意な社長さんも興味をもって、どの会社に幾らの残高があるか決算時には確認する事が大事です。

 

又読者の皆様には考えられない事かも知れませんが

 

会社に経理の分る方がいない、税理士さんも拙いと言う特殊なケースのご紹介でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode