建設業界全体の売上

建設業界全体の売上の事を建設投資額と言います。

業界専門誌に掲載されていました。2015年から2021年予測迄掲載されていました。

2015年56.7兆円・2016年58.8兆円・2017年60.7兆円・2018年60.9兆円・2019年61.8兆円・2020年59.8兆円・2021年56.3兆円

以前から言われていました東京五輪関連投資の収束と東日本大震災関連も発災から10年になり復興事業の縮小等

政府建設投資の落込みが顕著で2021年は下がるようです。

この夏の豪雨被害等から増える可能性はあるとの事ですが、コロナ禍で民間投資等が予測以上に下がる可能性もありそうです。

全体論で下がる見通しは間違いないようです。

私が申し上げたい事は、業界全体の話と自社の成績はリンクしないと言う事です。

世間話としては、業界売上は2019年から2021年は、9%程度下がるので厳しくなる位の話です。

自社と全体は関係無いのです。

当たり前ですが、業界売上の多い2019年にも倒産される会社や多額の赤字決算の会社も存在します。

又どんなに業界が厳しい時でも、毎期黒字決算の会社も見ております。

つまり世間がどうであれ自分の会社が儲かる事が大事な事です。

経営者の通信簿は決算書と言われています。

厳しい時代こそ経営者の腕の見せ所とも言えます。

黒字の公式です。 粗利益>固定費

工事毎の粗利益の確保が固定費を上回る事です。

自社の粗利益率や固定費が分らない社長は自社の事ですので勉強して下さい。



 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode