未成工事支出金の消費税

他業種と違って建設業の会計には、未成工事支出金と未成工事受入金があります。(未成工事支出金は仕掛品のような棚卸資産・未成工事受入金は他業種の前受金のような流動負債の扱いです)

本日は未成工事支出金の消費税の取扱についてです。

専門工事で年商6億円位の会社さんでのお話です。

税理士さんが変わって未成工事支出金の消費税控除の時期が違った例です。

原則外注先からの役務の提供を完了した日又は材料等を引渡を受けた日に仕入税額控除(仮払消費税)の対象にする事とします。(国税庁HPより)

と記入があります。つまり材料等を購入した時点で仮払消費税を発生させて良い事になります(従来の税理士さんの処理でOK)

仮に決算時に5千万円の未成工事支出金(材料や外注支払分)があった時に500万円の仮払消費税が控除出来ます。(当期の消費税納付額が減額されます)

然しながら新しい税理士さんは未成工事支出金の仮払消費税は完成時に課税処理されたようです。(国税庁のHPで調べてみますと)請負工事による目的物の引渡し(完成時)に課税仕入とする事を継続して適用している時はその処理が認められています。

つまりどちらの税理士さんも間違いではないと言う事です。

私は納付を後ろに繰延する方法が資金繰り面にも有利のような考え方です。

でも完成時に借受消費税が発生しますので、その時に合わせて仮払消費税を発生させる方法も間違いでは無く考え方には一理あります。

中小建設業の社長さん、自社の処理を一度ご確認頂いてはと思います。(キャッシュフローにも関係します)
 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode