縁の下の力持ち(総務部経理部の頑張り)

本日のタイトルは悩みました。タイトルには疑問がありますが、申し上げたい事は

会社の中で総務や経理の責任者は、細かい事を把握しましょう、と言う事です。

健康保険の給付内容、傷病手当金、高額療養費、家族の埋葬費、出産手当金等々

社員に何かあった時に内容を把握して、毎月支払っている健康保険の給付漏れ等を無くす。

そして会社加入の生命保険や火災保険そして上乗せ労災保険等、内容の把握が出来ていない会社が多いです。

あるリフォーム工事の会社では、会社加入の社長生命保険金が1億円とお話を伺っておりました。

保険クリニックとして保険証券を拝見すると、3000万の保険金でした。

1億円は随分前の話で、60歳の更新時に減額されている事を誰もご存知ない訳です。

又話では半分積立で半分経費と伺っていましたが、全額保険積立の資産処理に決算書はなっていました。

労災事故があった時の給付内容の把握等々しっかりと内容を把握して万一の事故に備える等大事な事が

誰も知らない会社も拝見します。

折角大事な会社の経費で支払っている訳です。誰かがしっかりと把握する事が大事だと思います。

又経理関係では、得意先の締切日や支払日等も分からない会社もあります。

入金日に何の工事分が入金で何の分が未収か、値引きか?相殺か?等々誰も把握出来ていない。

こういった『縁の下の力持ち』的な社員さんを育てていけるように

細かい話が得意ではない社長は特に営業や工事も大事ですが

 

把握出来る社員さんの存在が必要です。

 

 

 







 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode