経理の苦手な社長の必要資金の掴み方(建設業のコロナ対策)

本日は、中小建設業の経理面は苦手と思われる社長にお読み頂きたいブログです。

サービス業や飲食業等に比べて切迫した経営状況は現在迄、未だ起きていないかもしれませんが、ただでさえオリンピック後は仕事が減ると言われておりましたが、今後はコロナで更に厳しい状況が起きると予測しています。

リーマンショックの時も不況の波は、建設業は半年、1年遅れてやってきたように記憶しています。

本日は経理が苦手な社長に自分の会社で掴んで欲しい数字と資金繰りのお話です。

入金>出金・この式が根底です。出るお金より入るお金が足りなくなれば会社は倒産になります。

経理は分らなくても、月々出るお金と入るお金の把握を知っておいて頂きたい訳です。何故なら自分の会社だからです。

まず月々の銀行借り入れに対する返済金額・支払手形のある会社は当月の決済金額・給与や社会保険等人件費の金額・そして家賃他毎月出金する諸経費の大まかな金額。

,海譴毎月の必ず必要なお金です。

そこに建設業の場合には外注費や材料費の毎月支払う、工事支払金です。
これは毎月支払額が一定ではありません。
∨莊遒龍伴埓禅畚颪僚厳廚鬚鮓れば変動金額が大きい事が分かります。

そこに毎月ではないが、
賞与や消費税の納付等時期に合わせて支出する金額があります。

先ずは自社の大まかな金額を把握しましょう。
以上が出金の金額です。

次に入金の金額です。
これは既契約の進捗に応じて入金頂く、元請等から入る出来高金や完成時に入る完成金です。又住宅、リフォーム業でしたら契約金や上棟金、完成金等です。
そして小工事の多い会社では、工事毎に請求した工事金額の入金です。

この入金合計が出金の総額よりも多ければ問題ありません。

厳しくなると、これらを網羅した資金繰り表の作成が銀行から求められます。

そこで、入金の方が少ない会社の場合に、一般的には銀行借入が充当します。借入金も入金です。
更に足りなければ社長からの借入金で賄う会社もあります。
又不要資産の売却や銀行の積立金の解約等、資金の調達をされる会社もあります。

数ヶ月先の資金把握をする為に、毎月予定金額を入れて、資金繰り表の作成が必要です。

勿論経理がしっかりして、これらを作成されている会社もあると思います。

でも大まかに社長が把握して欲しいです。自分の会社だからです。
社長が把握していないと、今後資金繰りに、窮した時に早く手が打てないからです。

是非知ってほしいです。

又拙書‟小さな建設業の脱!どんぶり勘定” をお読み頂ければ詳細が書いてあります。
又資金繰り表の作成相談やエクセルの資金繰り表のひな型等必要な方はホームページお問合せ画面からご連絡下さい。

無料相談を承ります。









 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode