借入金も入金です(建設業のコロナ対策)

3ヶ月前には予想もしなかった社会情勢に変わってきました。

オリンピック後に建設業界の業況は悪化する等多くの方がお話しされていました。

しかし今や、資材の入荷ストップで工期の遅れや着工の遅れ等出ており、深刻な状況が早まったとも言えます。

 

直近で、株価急落等リーマンショック以上の大不況が待ち受けている様子です。

経済の見通しでは無く、本日申し上げたい事は、会社が生き残る、勝ち残る為に大事な事を書きます。

 

『入金>出金』の状態から『入金<出金』の状態になった時に会社は倒産します。

 

赤字で倒産する訳ではありません。お金が足りないから倒産する訳です。

 

黒字倒産と言う言葉もあります。

 

そこで資金繰りにご心配な社長にお伝えしたい事は

 

仝什澆離灰蹈並从緊急融資は出来るだけ沢山借りるべきです。(金利の優遇や審査のハードルが緊急ですので低いと思います)

⊆蠏舛篥纏匣銚△砲弔い討蓮期日前に割引等せずに期日取立を心がけましょう。(資金が必要な時の安全牌を持つ)

2鷦遅れ等、売掛債権の遅れに神経質な位気を配りましょう。(不良債権を掴まない)

ぐ属廚文把衄餾鏝困某覆泙覆ぁ(固定費の中身の吟味・必要な経費を削減して更に経営悪化した経営者を多く見ています)

ジ把衄颪茲衒册鞍颪魏爾欧訶慘蓮併拿亞箙膰把衄25%・変動費75%)とすれば比率の高い方が効果は高い

 

以上、たとえ売上が0になった場合に25%の固定費が何カ月賄う事が出来るか?

これが会社の体力(資金力)と言えます。

 

又別の観点から、経営者は会社の存続の為にお金を持つ事が大事です。

何故なら同族の中小建設業は、会社が倒産すれば、経営者も自己破産が付いてきます。

社長個人のお金(会社に提供可能なお金・提供可能な不動産等)が会社の二つ目の資金力とも言えます。

 

どうやってお金を作るか?については、会社が儲かっている時に、高級車の購入等、無駄なお金を使わずに役員報酬を上げて、手取給与の中から、家庭に持帰らないお金を取引銀行でコツコツ貯める。

 

私のお客様で実践中ですが、夫婦で3000万毎期役員報酬を取り手取2000万としても1000万家計費・1000万預金10年で1億現金が貯まります。業績が悪化すれば、役員報酬を次の期から下げる事は、誰にも影響を与えませんし特段の努力無しでその分固定費が削減できます。

 

又会社の税金を払う事を嫌がらず、税金を払って会社の内部留保に努める事

これも会社の体力増強策です。

 

本日申し上げた事をご参考にして頂き、大不況の到来を前提とした事業戦略の立て直しをご考慮下さい。

ご質問等ありましたらメールフォームからお問合せ下さい。



 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode