現金集金のオトシアナ

私のお客様では、売掛金の未回収について毎月、資料や会議で延滞分について報告しています。

何故毎月延滞債権について確認するか?と言いますと
工事毎の売掛残高を確認しないと、元請先からの値引きや相殺処理が報告など漏れたりして売掛金残高として残ってしまいます。
未回収の原因を担当者に理解させる事も大事です。
受注⇒工事施工⇒支払⇒集金迄、完全に終わって仕事の完了と言う概念が大事と思っています。

たまたま、2社で本筋とは違いますが、問題が起きました。

1社は年商10億円の専門工事会社、1社はリフォーム中心の年商5億円位の会社さんです。

両社とも、下請ばかりでは無く元請として直受先のお客様があります。

いつもの様に会議で確認していると、直受のお客様の延滞債権がありました。

2社の社長が同じセリフです。

『それ俺が現金で回収している、領収書の発行が不要だで、忘れとった』

直受先の個人のお客様は請求書も領収書も不要で現金でお支払い頂く事があります。

後で社長に申し上げました。

忘れたでは済まない事もありますよ。

社員さんが同じ事をした時に、忘れたで済みますか?
あらぬ疑いが掛かったり不正が起きるきっかけにもなります。

又会議で社員に『忘れとった』は拙いです。

ある自動車ディラーで車検の時、カードでのお支払い、又は先にお振込みお願いします。
と現金の集金は出来ませんと言われた事を思い出しました。

お金にだらしない社長さんや忙しくて忘れる事の多い社長さん
現金の取扱のルール作らないと悪い社員を作る原因にもなりかねません。

社員は社長の背中を見ております。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode