中小企業における土方歳三の役割

本日は漠然としたタイトルで何の事か分からないと思います。

土方歳三の私なりの定義として

社長を補佐して、言い難い話や厳しい話を取引先や社員さんにお話して頂ける番頭さんのイメージです。

歴史に詳しい方が見えたら、突っ込まれる所かもしれませんがお許し下さい。

リフォーム工事業の年商5億円のA社の土方歳三役は専務さんです。

社長はニコニコ、ご苦労さんと言って、協力業者や社員さんと温和な話をすべく事前の厳しい話は全て代行して話をされます。

私も、この会社でお仕事をしていると、携帯電話が鳴っても、この土方さんがいると電話に出にくい雰囲気です。

それほど事務所の雰囲気もピーンと張りつめています。でもこの方は協力業者からも社員さんからも慕われています。

一方専門工事の年商10億円のB社でも、同じように土方歳三ぽい部長さんが存在します。

同様に厳しさではA社の土方さんと変わりません。

でも協力業者の評判は最悪です。社員さんからも慕われていません。

その一面を垣間見てしまった部分に先日遭遇しました。

それは、社長に新規のお客様が来社して面談していました。

駐車場の止め方が悪いようでしたが、その土方さんがお客様に直接、業者に話すような調子で、注意をしてしまいました。

私から見たら、社長の顔を潰してしまうような発言に聞こえました。

この方はその事が社長の顔を潰す、非常識な発言と気が付いていない訳です。

会社の為に自分が社長に変わり、言い難い事を発言している位の思いだと思います。

本日申し上げたいのは、社長の思いや考え方や会社の方針など良く理解して、社長をリスペクトする意識の方が必要だと思います。

社長の露払いをする土方さんの存在は会社の成長期や2代目の社長等意識して育成して欲しいと思います。

又良くない会社では、社長を馬鹿にして、社員の前でも業者に対しても、社長は分かっていない、社長の言う事を聞いてはいけない位の発言をされる幹部の方も見えます。

取りとめのない結論ですが、
近藤勇は土方や隊員からリスペクトされる存在だと思う。社長はそこに注意を払ってほしい。
又会社の発展には土方の存在が大事で欠かせないと思う。
そういった幹部社員の育成が社長の大事な仕事でもあると思う。



 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode