労務費の多い現場の原価管理

材料費や外注費等外部への支出が比較的少なく

社内作業者や常用外注作業者等の実労務費比率の原価に占める割合が高い

専門工事の会社さんの現場の利益目標の作り方で成果が上がった会社のお話です。

過去3年間位前からお手伝いさせて頂いている為

工事別の原価管理や工種別の支出割合等の把握が出来ていました。

まず過去の工事データから、主な工事を選択して、工事売上高と実労務費の割合そして材料費の割合
その他重機や経費等の原価の割合を算出します。

工事の内容に分けて3種類位に分別します。

例えば100万の工事売上の現場で、実労務費が60%材料費が10%その他直接工事に掛る原価10%=工事の限界利益20%

となります。そこから平均労務費が2万とすると30人工がこの工事に掛っている事になります。

それらが見える事によって監督者や作業者が意識する事になります。(ここが重要です)

意識する事によって、目標値の設定が出来ます。仮に30人工を28人工で出来るような段取りや工程の組み方等
工夫する練習や勉強が必要なります。(間違っても作業時間を延ばす事が目的ではありません)

結果は100万に対して20万の限界利益が4万増えて24万になります。

4%の粗利益アップです。10億の売上の会社ですと4千万の粗利益が増える訳です。

その4千万を労働分配率50%として、人件費に2千万、原価は減っても固定費は増えませんので、会社の利益に2千万の増益になります。

この会社にはIT能力の高い社員がいた為、原価データの抽出から並び替え等ご協力を頂き、作業が捗りました。

もう一つ分かった事があります。それは比較的暇な年度の方が、忙しい年度よりも実労務費比率が高い事です。

つまり暇な時には社内作業者や常用外注作業者を休ませる訳にいかない会社の弱点も見えました。

弱点を補う方法は又の機会として、原価管理や計数管理は活用方法によって会社の儲けを増やす事が出来ます。

工事に関わる社員さんの利益に対する意識付けの仕組み作りの1例です。

年中忙しいけど、売上は上っているけど、利益の残らない、お金の残らない会社の社長さんは

仕事のやり方を考え直す時間が大事です

何故なら毎期利益を沢山計上できる建設会社は規模の大小に拘わらず、改善を心がけて実践しています。

 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode