消費税の勘違い

新築住宅やリフォーム工事等の年商10億位の建設会社の専務さんからのお電話です。

服部さん消費税の経過措置で3月付の契約分が8%の消費税になっているけど

完成するのは、12月末なので、協力業者に支払う消費税10%との差額は当社が損になるのか?

前回の消費税の値上げの時にも勘違いされて、値上がり前に沢山消耗品などを買い溜めされたお客様も見えました。

この時は社長が値上がり前に購入するように指示を出されていましたので、その事を知らずに、説明しました。

 

私の説明は社長に恥をかかせてしまいました。

今回の専務さんの様にまだ勘違いされている方が沢山見えるようです。

消費税の負担は最終消費者が負担する事になります。

1千万以下の売上の免税事業者や5千万以下の売上の簡易課税事業者はこの話の限りではありません(今回説明を省略します)

5千万以上の売上の本則課税の会社では、税抜で考えて頂ければ、消費税に関して損も得もありません。

例えば、1080万の8%消費税の売上があった場合には80万が借受消費税が計上されます。

それに対して864万8%の消費税の仕入が発生したとします。64万の仮払消費税が計上されます。

その場合には80万−64万=16万の差額を会社は納付します。

1000万−800万=200万税抜の利益になります。

仮にお電話の様にお客様から8%の経過措置、仕入れた時は10%の消費税だったとします。

売上は1080万で変わらず、仕入は880万の支払で80万が仮払消費税となります。

80万(借受消費税)−80万(仮払消費税)=0円の納付金額

税抜の利益1000万−800万=200万

8%の仕入でも10%の仕入でも税抜利益の200万は同じです。

何故か消費税はまだ10億規模の役員さんでも勘違いされています。

会社は中継するだけで、基本的には消費税で損も得もない事はご理解ください。

最終消費者の負担が重くなるだけです。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode