One to Oneマーケティングの活用

先日、表題のワン・ツウ・ワンマーケティングのセミナーを受講させて頂きました。

マスマーケティングは大量生産、大量消費、市場優先等

それに対して、ワン・ツウ・ワンマーケティングは顧客優先

つまり売り手の優先の立場と買い手優先の立場の違いで売り方が違う、そんなセミナーでしたが、セミナー内容のお話では無く

例題に注文住宅建設業の顧客価値最大化の話がありましたのでご紹介します。

各々は私のお客様でも既に実施されている事もありますが、未実施のお客様も見えますのでご紹介します。

1つ目は関係者全員のオーナー様への感謝状
これはマンションの大規模修繕工事等で設計会社に逆の立場で感謝状をお贈りした事はあるが、建設業者の、営業担当、監督、設計者、職人等等の感謝状を額に入れて贈るそうです。
2つ目は関連サービスを売る
住宅ローンや法律手続き保険等のサービスを充実(保険料収入等粗利益増加にも繋がるしお客様の満足のいく情報提供)
3つ目はリニューアルやメンテナンスの需要(定期点検等で不具合の確認等からお客との繋がりで将来の受注拡大に寄与)ある会社では、お客様の希望があれば、神棚等を大工さんに作らせて贈るそうです。(継続顧客化)
4つ目はコミュニティを作る、お客様同士の交流で住宅会社へのフアン作り(既にオーナー会等がある会社もある)
5つ目はITの活用で顧客データの活用(これも施主台帳や見込み客リスト等顧客情報を知った営業の効率化)

正に住宅の販売はマスでは無く1対1の注文住宅の販売と言う、究極のワン・ツ・ワンマーケティングであると講師の先生は話された。
これ以外にも土地探しの段階から、家族構成に合った調査、学校への距離、買い物の便利さ等営業段階の努力も必要だし、地域への社員による制服着用の清掃等のボランティア活動等各社取組例は沢山あります。

まだまだセミナーを聞いただけで勉強不足ですが、お話を聞いていると自分の商売も完全なワン・ツウ・ワンマーケティングだし実際に取組んできた事も事例の応用編であったと思います。

お陰様で忙しく、最近セミナー等学ぶ機会が減っている事も反省しながら、お客様に活用できる事をご提案する事も自分のワン・ツウ・ワンマーケティングに必要な事だと反省です。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode