アンガーマネジメント診断

本日は私事ですが、友人がファシリテーターをしている関係でアンガーマネジメント診断なるものを受けました。

御存知無い方に少しご説明すると、1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)とマネジメント(上手に付き合う)為の心理教育だそうです。

診断結果を見ると見事に当たっている結果でした。

怒りの強度や頻度が低く、又怒りの持続性や怒りの耐性は中でした。文章の内容を見ると当たっている事ばかりでした。

何故この話を取り上げたかと言うと

経営者は怒りにまかせた行動で信頼を失わないため、部下のマネジメントのため

又社員は職場でイライラせずに効率的に仕事をするために、人間関係でトラブルにならないように、ストレス対策に等々に必要なようです。

社内で暴力事件が起きたり、会社のトップが容赦ないパワハラと思えるような発言等の場面を実際に見ています。

又忘年会などでも、タバスコ等が入ったビールをを部下に一気飲みさせたり、これはアルハラと言うそうです。

社会の変革について行けない方々が万一ハラスメントで訴えられたりすれば、会社のリスクマネジメントが問われる訳です。

この友人は大きな会社の管理職研修で、パワハラの研修を沢山しているようです。

 

逆を言えば、大手の会社では対策が始まっている訳です。

パワハラ、セクハラ、モラハラ、等35種類もあるそうです。

少し過剰反応の様な気もしますが、社会が変わっています。

どやしたり、物を投げたり、時には暴力を振るう等身に覚えのある方多いと思います。

 

建設業の経営者の方、職人さんの親方の皆さん、気をつけましょう。





 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode