縁の下の力持ち(総務部経理部の頑張り)

本日のタイトルは悩みました。タイトルには疑問がありますが、申し上げたい事は

会社の中で総務や経理の責任者は、細かい事を把握しましょう、と言う事です。

健康保険の給付内容、傷病手当金、高額療養費、家族の埋葬費、出産手当金等々

社員に何かあった時に内容を把握して、毎月支払っている健康保険の給付漏れ等を無くす。

そして会社加入の生命保険や火災保険そして上乗せ労災保険等、内容の把握が出来ていない会社が多いです。

あるリフォーム工事の会社では、会社加入の社長生命保険金が1億円とお話を伺っておりました。

保険クリニックとして保険証券を拝見すると、3000万の保険金でした。

1億円は随分前の話で、60歳の更新時に減額されている事を誰もご存知ない訳です。

又話では半分積立で半分経費と伺っていましたが、全額保険積立の資産処理に決算書はなっていました。

労災事故があった時の給付内容の把握等々しっかりと内容を把握して万一の事故に備える等大事な事が

誰も知らない会社も拝見します。

折角大事な会社の経費で支払っている訳です。誰かがしっかりと把握する事が大事だと思います。

又経理関係では、得意先の締切日や支払日等も分からない会社もあります。

入金日に何の工事分が入金で何の分が未収か、値引きか?相殺か?等々誰も把握出来ていない。

こういった『縁の下の力持ち』的な社員さんを育てていけるように

細かい話が得意ではない社長は特に営業や工事も大事ですが

 

把握出来る社員さんの存在が必要です。

 

 

 







 


電子体温計のお出迎え(建設業のコロナ対策)

年商8億円位の専門工事の建設会社さんに訪問した時のお話です。

毎月定期訪問をさせて頂いている顧問先にいつもの様に訪問させて頂きました。

私が事務所に入ろうとした時です。

事務員さんからお声掛けを頂き

大変失礼ですが弊社ではコロナ対策で事務所にお入りになる時にお客様の体温を測らせて頂いております。

そして、非接触型の電子体温計でおでこに近づけ、ピーと36.5度です。

次はアルコール消毒液を手に振りかけて頂きました。

お聞きしますと事務所に所要のある方全員に実施されているそうです。

又社員さんも朝出勤時に必ず実施されているそうです。

病院の受付のような対応を頂きました。

この会社の社長さんの危機意識の表れだと思います。

他の顧問先の例では、4月の訪問は無しで資料の送付確認を頂き電話やメールでコンサルさせて頂いた会社もあります。

又4月は非常事態宣言ですので、訪問を来月に変更して下さいとお申し出のあった会社さんもあります。

でも大部分の顧問先では例月通り訪問させて頂いております。

私の意識も自分は注意して、マスク、手洗い、うがい等をこまめに実施していますが

危機意識が足りないと反省しています。

1番気にしているのは万一の感染があった時に、接触者に14日間の待機とか多大なご迷惑をお掛けする事が心配です。

中小建設業の社長さん、万一社内で感染等起きたらと考えて対応をお考え下さい。

完全な方法は無いかもしれませんが、万一が起きれば、会社が止まってしまいます。

社長の家族と共に、社員さん、社員さんのご家族、協力業者さん等沢山の生活が貴方の危機意識や施策にかかっています。

大手では現場も止まり始めています。

今一度真剣にコロナのリスク対策お考え下さい。

 
 


銀行の窓口での出来事

過去に経験した事は確かあった気がするが、いつだったか分からない位久しぶりの出来事です。

それは某メガバンクの窓口で”支店長呼んで来い”と大きな声を出してしまいました。

今から思うと何故そんなに腹が立ったのか分かりませんが、自分としては反省材料です。

その出来事は、メガバンクのATMで現金を引き出そうとしたところ、引き出しが出来ない。
係の方に問合せた所、1日50万円迄の制限がついているようでした。

印鑑は持参していないので、引き出す方法を聞いた所
キャッシュカードと通帳と本人確認の運転免許書があれば窓口で引き出し可能との事。

仕方なく窓口の引換券を取り、待つ事約15分

お金の引き出しは出来ました。

しかし次からの事もあるので、1日の引き出し限度額の拡大をお願いしました。

窓口のベテラン女性行員の方から、スマホで手続きが出来ます。

私がスマホは使えないので、限度額拡大の用紙を下さい。と言ったら

用紙を出すのにヒアリングが必要ですので、別の窓口でご案内しますので、又受付カードをお取りください。
用紙を出すのに何故ヒアリングが要るのか?
用紙に記載して印鑑を押してそれから、ヒアリングをして銀行の決済をするのが当たり前と思っています。

じゃあ今ヒアリングをして下さい。本人確認も通帳も開示しているので、すぐやって下さい。

ベテラン行員さんは、私は出来ません、別の窓口でお願いします。そう言われました。

そこで”聞いていれば全部銀行の都合ばかりを優先した、一方的な話で顧客の都合は考えていないのか”
支店長を呼べ・・・の大声を出してしまいました。

直ぐに奥から役席が出てきて、別席で伺います。
止むなく同じ主張を別席でも大きな声で繰り返して怒鳴ってしまった。

結論的には印鑑も不要で、ヒアリングで50万⇒200万迄の限度額拡大が出来るとの事でした。

直ぐに役席がヒアリングを兼ねた手続きをしてくれて、再度別の窓口でヒアリングをされる事なく目的を達した訳です。

後で、冷静になって、役席に私が大きな声を出したので、特別な対応をして頂けたのか?
聞いてみました。答えは、ヒアリングは最初の窓口女性が出来るとの事でした。
その後、勿論決裁は必要だが、限度額の拡大が出来るとの事です。

銀行の反省点は、窓口の方が、ヒアリングは自分の仕事では無いと、勘違いをしていたのか?
スマホで届ける事が多いので自分がヒアリングをしたことが無く面倒で、他の窓口を指示したのか?
分りませんが窓口の不手際をお詫びされて事なきを得たお話です。

自分としては
スマホで手続きと言われて使えない事(珍しい人なのか)
又用紙を書いてから印鑑を押して届出る、そんな既成概念を持っていた事

反省点はありますが、大勢いるメガバンクの窓口で大声を出す元気が残っていたとは
珍しい出来事でした。

只スマホは攻略して使えるようにならないと、こんな場面でも不利益が出る事もよく分かった

そんな出来事でした。





 


中小企業における土方歳三の役割

本日は漠然としたタイトルで何の事か分からないと思います。

土方歳三の私なりの定義として

社長を補佐して、言い難い話や厳しい話を取引先や社員さんにお話して頂ける番頭さんのイメージです。

歴史に詳しい方が見えたら、突っ込まれる所かもしれませんがお許し下さい。

リフォーム工事業の年商5億円のA社の土方歳三役は専務さんです。

社長はニコニコ、ご苦労さんと言って、協力業者や社員さんと温和な話をすべく事前の厳しい話は全て代行して話をされます。

私も、この会社でお仕事をしていると、携帯電話が鳴っても、この土方さんがいると電話に出にくい雰囲気です。

それほど事務所の雰囲気もピーンと張りつめています。でもこの方は協力業者からも社員さんからも慕われています。

一方専門工事の年商10億円のB社でも、同じように土方歳三ぽい部長さんが存在します。

同様に厳しさではA社の土方さんと変わりません。

でも協力業者の評判は最悪です。社員さんからも慕われていません。

その一面を垣間見てしまった部分に先日遭遇しました。

それは、社長に新規のお客様が来社して面談していました。

駐車場の止め方が悪いようでしたが、その土方さんがお客様に直接、業者に話すような調子で、注意をしてしまいました。

私から見たら、社長の顔を潰してしまうような発言に聞こえました。

この方はその事が社長の顔を潰す、非常識な発言と気が付いていない訳です。

会社の為に自分が社長に変わり、言い難い事を発言している位の思いだと思います。

本日申し上げたいのは、社長の思いや考え方や会社の方針など良く理解して、社長をリスペクトする意識の方が必要だと思います。

社長の露払いをする土方さんの存在は会社の成長期や2代目の社長等意識して育成して欲しいと思います。

又良くない会社では、社長を馬鹿にして、社員の前でも業者に対しても、社長は分かっていない、社長の言う事を聞いてはいけない位の発言をされる幹部の方も見えます。

取りとめのない結論ですが、
近藤勇は土方や隊員からリスペクトされる存在だと思う。社長はそこに注意を払ってほしい。
又会社の発展には土方の存在が大事で欠かせないと思う。
そういった幹部社員の育成が社長の大事な仕事でもあると思う。



 

建設業退職金共済の仕組み

本日は建設業退職金制度(以下建退共)の仕組みと矛盾について書きます。

建設業以外の方には、関係しませんのでご容赦ください。

建退共とは、建設業で働く人達の為に国によって設立された退職金制度です。

事業者ごとではなく、建設産業全体が制度の対象となっており、事業主が共催手帳(労働者毎に)に証紙を貼付する事で掛け金を積み立てます。

つまり働く会社が変わってもその共済手帳を持って他の建設会社で継続可能です。
建設業界全体の退職金制度と言え趣旨は素晴らしい事だと思います。
他の業界では会社が変わればその都度会社毎に精算です。
この制度では建設業で働かなくなったり、事業主として独立した時に退職となります。

公共工事を受注する為には、この制度の加入と受注時に証紙の購入が義務付けられます。

問題は此処からです。

建設会社に他産業と同じ様に退職金制度が多くの会社であります。それらの会社では2重加入になります。しかも全員が加入する事が出来れば問題ありませんが、事務職や設計職営業職と同じ様に会社の社員としての多くは職人さんの社員さんも含まれます。

それらの建設会社では不要になりますが、制度の加入と証紙の購入の義務付けから2重になっても加入せざるを得ません。
必要のない経費を無理に掛ける事になり、無駄な経費と言わざるを得ません。しかも特定の共済手帳を交付された社員分は実際の退職時に掛け金分を退職金の社内規定から差し引くルールが必要になりますが、殆どの会社ではその事に触れられていません。

又多くの公共工事を施工する会社は多くの証紙を購入する事が必要になりますが、対象社員数によっては証紙が余ります。

その証紙の行き先を金券ショップで見つけてしまった事が、本日の記事の根幹です。

又公共工事の受注のない会社では、この制度に加入する会社は稀です。

何が言いたいかと言いますと、建設業で働く労働者全てに本制度が適用されれば素晴らしい仕組みと思います。

しかし制度の適用される社員、2重加入の社員、制度のある事すら知らない民間工事主体の会社等格差の問題。
証紙の余る会社の金券ショップに持ち込む問題。
2重加入の当該社員が退職時に当該社員分の掛け金を精算する時の是正の為止むなく不正精算をしている会社も見られます。

これらの国全体で進める施策と退職金制度の普及等進んだ現在との乖離
退職金制度も無く、建退共の加入も無く働く労働者との格差等
問題点も多い仕組みと言わざるを得ません。

まずは該当者のいる会社さんは退職金制度の確認をお願いします。





 


| 1/38PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode