社保加入や働き方改革と一人親方

2020年あけましておめでとうございます!

新しい年がスタートしました。

新年初のブログは表題の建設業の問題を自分の視点で書かせて頂きます。

何度もブログで取り上げさせて頂いております。

社会保険の未加入企業の件です。

建設業許可更新の要件に20年10月1日以降、未加入の企業は許可、更新が認められなくなるそうです。

お客様の建設会社で、職人社員さんが今さら社会保険に加入しても、手取りは減るし、
自分の年齢から社保を掛けても掛けただけ損になるしと言う事で退職を願い出たケースがありました。

正しいアドバイスではありませんが、一人親方を装う形で外注契約書の作成でやる事は同じで従来の労働形態を維持する。
そんな事で退職を回避するお手伝いもしました。

然しながら社会が必要とする事や目指す方向と矛盾する形でした。

更に今後は働き方改革で、残業規制や有休取得の義務化等
対象になるのは従業員です。

つまりこの問題の対応にも、人出不足や作業手法の改善等進まない中小建設業では
有給休暇の取得も出来ず、法律で定められている残業時間を大きく超える逆行した働き方の方も多く見られます。

残業手当も一定額を固定的に支払う等の方法や自主申告による残業手当の支払で実質サービス残業のケースも多く見られます。

これらの方法を改善する為に、仕事の進め方等を改善する事の重要性は理解した上で
私の独り言として、申し上げたい事です。

『1日でも仕事を早く覚えて、自分で起業独立したい思いで、人より長い時間働いて多く稼ぎたい』
そんな思いの若者の建設業従事者は従業員と言う形では存在できないのか?
勿論、現場以外で自主的に資格の勉強をしたり本を読んだりして、実力を付ける事は仕事ではありませんので自主的に向上心を持ち続ける為に学ぶ事は大事です。
でも現場で覚えてお金も稼ぎたいのが本音です。

専門工事業で25歳で独立、現在起業して20年、年商15億円のお客様の社長の話です。

『現場で仕事をする事が好きで、毎日15時間位働いて休みも週に1日ある時は良い方で、早く仕事を覚えたい、技術を磨きたい』
そんな思いで18歳から頑張ったので
独立してからは仕事をする事が楽しみで正月休みも返上して頑張った、そこにお金も付いてきて現在がある。
経営についても学んで年商15億自己資本比率50%超の会社になった訳です。

こういった起業意欲のある、向上心のある若者は育ちにくくなるのは如何でしょうか?

『仕事が好きで、沢山仕事をして沢山稼ぎたい事が悪い事でしょうか、それを法律で規制するのは如何なものか?』

又別の会社の社長の独り言として
『仕事もろくに出来ない奴や、直ぐに辞めてしまうような奴に、社会保険だ残業だと言われても、俺や幹部の皆の稼ぎで食わせていく事になるが、服部さんこれ可笑しくないか?』

そんな事も言われた事があります。

皆さんはどうお考えになりますか?






 


ノウハウコレクターからの脱却を

ノウハウコレクターと言う言葉をある書籍から知った。

情報商材や書籍を通して多くの知識を持っているものの、思うような収益が上がっていない状況を指します。情報を得る事で満足してしまい、実際に行動をしない。

インターネットに書いてありました。

私の解釈では、学ぶのに実践しない人の事を残念な人と言う嫌味を含めた言葉と思います。

私が起業した時も、勉強よりも営業活動、又アウトプットをしてナンボの世界、売上が無ければ、幾ら素晴らしい知識を持ち合わせても事業として継続できない。

ある大手の会計事務所の所長先生から言われた言葉です。

士業の先生でも営業活動よりも資格取得等に一生懸命で売上が上がらない。

経営者の方でも、勉強会に沢山参加して、多くの学びが出来て、事業計画等も立てるだけで実践に移せない、社員さんを巻き込んで会社の改善を進める事が出来ない。

その先生から教えて頂いた言葉です。

良いと思ったら直ぐ実践するぞ これを何度も繰り返しお経の様に、言葉に発する。脳科学的に刷り込まれるそうです。
又悪いと思ったら直ぐ止める勇気を持つ。これも重要な事です。

でも会社を船に例えれば、船長がどこに向って舵を切るか?

必要な事だと思います。

でも成り行き任せで会社を経営する方、多いようです。
嵐が来たり、台風などの外部要因で船が沈みかけては拙い訳です。

偉そうに言える立場ではありませんが、自分にも言い聞かせる事として

今儲からないなら、やり方を変えて儲かる会社にする。そんな思いと実践力が大事です。









 

人生初めてラジオに出演させて頂きました。

先日初めてラジオにてお話しさせて頂きました。

20190610_ラジオ出演
自分の思いやお仕事の内容等

時間の制約も有り、上手くお伝え出来たかどうか?

でもお話しする内容を考えさせて頂く中で、12年間のお仕事のふりかえりが出来ました。

上の画像をクリックするとラジオのサイトが開きます。

宜しければお聴きください。

 

 


有言不実行

先日のイチローの引退会見が報道を拝見しておりました。

その中で 50歳まで現役、とつねづね口にしていたが、

『有言不実行の男の男になってしまったけど、その表現をしてこないと、ここまで出来なかった。言葉にして表現することは目標に近づく1つの方法だと思う』

このイチローさんの言葉に注目しました。

過去にロッテや中日で活躍した、落合監督も毎年『3冠王』を公言していましたが、公言して目標を口に出すから3冠王は毎年取れないが打点王だけでも取れた。

そんな昔の事も思い出しながら、目標を公言する事の大事さを再認識しました。

成行き任せで会社の『舵とり』をしている、駄目な経営者に目標の設定や経営計画の大事さを再認識して頂きたい時のたとえ話に最適なイチローさんの素晴らしい引退会見でした。
 


現場担当者の利益意識の向上研修

公的機関からの受注で地方の中堅ゼネコンさんで現場担当者向けに『原価管理とコストダウン』のタイトルで6時間コースの研修を実施させて頂きました。

現場毎の完成工事高と現場毎の粗利益高が、会社の損益計算書の基本的な数字になる事。

従って現場の粗利益を上げる事の重要性を理解する説明をさせて頂いた。

何故会社には利益が必要か?

労働分配率は粗利益額が増えれば同じ分配率でも、人件費総額は増加する理屈等

1人も眠る事無く6時間頑張って頂きました。

H建設株式会社の皆様お疲れさまでした。

現場担当者を応援する事が会社に貢献できる事を実感出来た、私にとっても有意義な1日でした。

公的機関の方からもお褒め頂き、受講生の方からも分り易かったとお褒め頂き、嬉しい1日でもありました。


H建設株式会社様のお声

20181110_セミナー
服部正雄氏による訓練の様子

今回の訓練では、株式会社アイユート 代表取締役 服部正雄氏を講師としてお招きし『原価管理とコストダウン』の題目で、現場から利益を上げるノウハウ等貴重なお話しを伺いました。

 


| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

links

  • お問い合せ
  • 脱!どんぶり勘定レポート
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode